ホーム > 地域医療支援病院について


地域医療支援病院Q&A

Q1.初診とはどのようなことですか。
当院を初めて受診される場合又は前回受診から半年を超えて受診される場合のことをいいます。
Q2.「かかりつけ医」とはどのような医師ですか。
「かかりつけ医」が行う診療は、健康に関する相談や日常的な診療、成人病(糖尿病、高血圧、高脂血症)等を診てくれる医師であり、専門的な検査などが必要な場合には、大きな病院を紹介してくれるもっとも身近な医師のことです。
Q3.「かかりつけ医」からの紹介状を持参することで何かメリットはありますか。
紹介状をお持ちいただけると、これまでの経過や検査結果などの医療情報がわかるため、スムーズに診療を開始することが可能となります。また、不要な検査等も行う必要がなくなりますので、身体への負担を減らすことができ、窓口で支払う医療費も抑えることができます。
紹介状を書いていただく際、「かかりつけ医」から当院の医療連携課へ連絡していただけますと診察予約を入れることが可能となり、待ち時間を短縮することが可能となります。
 市立函館病院事務局医療連携課
  ※市立函館病院ホームページ →地域医療連携室も併せてご参照ください。
  ※当院の医療連携課は、個人からの依頼は受け付けておりません。
Q4.紹介状がなければ、なぜ別途料金を徴収されるのですか。
日本の医療は、自分が行きたいと思う医療機関にいつでも行けるということが原則となっているため、多くの診療科がある大きな病院を選ぶ方が多くいらっしゃいます。しかし、少子高齢化が急激に進展し、今後人口が減少していくなかで、医療従事者も減少していくこととなります。大きな病院の役割として重篤な救急患者の診療がありますが、慢性的な患者さんが多くいることで、人員が不足し必要な時に必要な医療が提供できなくなると危惧されているため、国は医療機関の機能分化を進めています。先ずは、前述(Q3)の「かかりつけ医」などの近隣のクリニックで診てもらい、専門的な検査などが必要な場合に、大きな病院へ紹介するようにしていくことで、限りある医療資源を有効に活用していこうとするものです。この機能分化を進めるひとつの方策として、初めから大きな病院に掛かる場合は別に料金を徴収するという制度を国が導入したものです。
Q5.紹介状を持参しなければ、医療費とは別に料金が掛かると聞いたのですが。
当院を初めて受診する場合等や当院での治療が終わり、地域のクリニック等へ紹介した後に患者さんの判断で当院を受診した場合、医療費とは別に下記金額を徴収させていただきますので、是非、紹介状をご持参いただけますようお願いいたします。
    初診時(初診時加算料) 医科 5,400円  歯科 3,240円
    再診時(再診時加算料) 医科 2,700円  歯科 1,620円
     ※金額は税込金額となっております。
Q6.「かかりつけ医」に紹介状を書いてもらうと料金が掛かり、余分に医療費を支払わなければなりません。それでも、紹介状は書いてもらった方が良いのですか。
病院などで紹介状といっているものは、正式には「診療情報提供書」といい健康保険が適用されております。一例として3割負担の概算金額をお知らせいたします。
 医療費(3割負担)=再診料+外来管理加算+診療情報提供書
          =3,740円×30%
          =1,120円※1

※1 検査などを行った場合は、その分の金額が加算されます。

    紹介状を持参して受診した場合の概算支払額
     「かかりつけ医」 1,120円※1 + 「当院での医療費」
    紹介状を持参せず受診した場合の概算支払額
     初診時加算料   5,400円   + 「当院での医療費」
    「当院での医療費」は変わりませんが、それ以外で金額の違いが発生します。
Q7.医療費とは別に徴収される金額が高いと思います。何とかなりませんか。
徴収しなければならい金額は、法律で定められております。当院の金額は、国が定めている最低額に消費税を加えた額を設定しておりますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。
Q8.紹介状を持参しなければ、全ての患者さんが加算料を徴収されるのですか。
除外となる患者さんは下記のとおりとなっております。

<初診で除外となる患者さん>
①過去半年以内に当院を受診された方および診察予約がある方
②救急車などで来院され緊急な診療を必要とされる方
 ※但し、医師の判断により緊急性が低いと判断された場合を除く。
③国の公費負担制度や障がい医療等を受給されている方
④生活保護法により医療扶助の対象となられている方
⑤HIV感染者の方
⑥乳腺外科および産科を受診される方
⑦15歳未満の方(中学生であっても15歳以上の方は、初診時加算料の対象となります)
⑧外来受診から継続して入院された方
⑨健康診断、特定健康診査およびがん検診等の結果により精密検査受診の指示を受けた方
⑩治験協力者である方
⑪災害により被害を受けた方
⑫労働災害、公務災害、交通事故、自費診療の方
⑬医科と歯科の間で院内紹介された方  など

<再診で除外となる患者さん>
初診の対象外 となる患者さん ②~⑧  など
Q9.紹介状を持参しなくても、加算料を支払うと受診は可能ですか。
原則、受診することは可能ですが、治療中の疾患が有る場合は、現在の診療状況を把握する必要があるため、必ず紹介状の持参をお願いしている診療科(整形外科、循環器内科、血液内科、形成外科)があります。但し、医師が緊急を要すると判断した場合、紹介状の有無に関わらず受診することは可能です。


詳しくは、下記までお問い合わせください。

<お問合せ先>
【市立函館病院 事務局医事課】(電話 0138-43-2000  内線 4170)