ホーム > 市立函館病院へ通院中の患者さんへ


市立函館病院へ通院中の患者さんへ

 当院は2018年4月より地域医療支援病院となりました。地域医療支援病院の業務の中で最も大きな柱は、救急患者さんの受け入れとほかの医療機関では対応困難な専門的な治療や高度な検査です。

 本来であれば通院中の皆様の外来診療は救急医療や高度医療とともに当院で行うのが理想です。しかし病院のスタッフのマンパワーは無限ではなく、国の方針としても、地域の患者に必要な医療は地域内の多様な性格を持つ医療施設が役割を分担して担うこととされています。

 当院の最も重要な役割を果たすために、今後は病状が安定した患者さんの日常の外来診療や投薬は基本的にはお近くの診療所や中小病院(かかりつけ医)にお願いすることになります。
 ただし、ある程度の設備を必要とする定期検査や入院を伴う治療は引き続き当院が行います。当院から地域の医療施設に紹介したからといって、いままで通院していた患者さんとの繋がりが切れる訳ではありません。ご紹介した疾患の病状が悪化した場合の検査・治療は、当院が今までと同様にお引き受けいたします。

 地域全体で患者さんを診るという方針に沿った、病院業務の大きな方針転換になりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

市立函館病院 院長


紹介、逆紹介のイメージ図