リハビリ技術科 > 作業療法とは


リハビリ技術科

<作業療法とは>

作業療法とは、日常生活の様々な作業(食事、入浴、排泄等の日常生活動作、社会活動、趣味活動、仕事等の生活関連動作)の能力が低下した方の支援を行うことです。多くの時間を占める作業は、患者さん一人ひとりで異なります。皆さんが大切にする作業が再び行えるように、その人らしい充実した生活を支援するのが作業療法士の役割です。


<当院作業療法の主な対象疾患>

・ 整形外科:骨折、腱・靭帯損傷、脊髄損傷、人工関節置換術後 など
・ 脳神経外科:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍 など
・ 神経内科:パーキンソン病、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症 など
・ 呼吸器内・外科:慢性閉塞性肺疾患、肺がん、肺炎 など
・ 循環器内科:うっ血性心不全、虚血性心疾患、閉塞性動脈硬化症 など
・ 心臓血管外科:心臓・大血管の手術後 など
・ 救命救急センター:心肺停止、全身熱傷、多発外傷 など
・ 他診療科:乳がん、食道がん、大腸がん、慢性腎不全 など


<当院作業療法の内容>

・ 身体への働きかけ
実際の生活に必要な筋力、関節の動き、感覚機能などの維持改善をはかりながら、障害のある部分だけでなく健康な部分も最大限に活用して体全体の円滑な動きを練習していきます。

・ 日常生活動作・生活関連動作への働きかけ
日常生活動作や生活関連動作を自立して安全に行なうための練習や、家族の介助方法の指導、 役に立つ福祉用具の紹介や作製を行ないます。

・ 認知症や高次脳機能障害への働きかけ
記憶力や集中力が低下したり、物が正しく認識できなくなったりなどの症状が起こり、生活に支障をきたすことがあります.このような症状を分析し改善を図り、生活の中で困らないように工夫をします。

・ 精神機能への働きかけ
手工芸やレクリエーションなど趣味活動支援を通して、意欲を引き出し、情緒の安定を図ります。

・ 福祉用具の助言や環境への働きかけ
必要に応じて入院生活や在宅生活で困りごとを減らす、福祉用具(バネ箸、太柄スプーン、長柄ブラシなど)の助言や環境(手すりやポータブルトイレなど)の支援を行います。