リハビリ技術科 > 理学療法とは


リハビリ技術科

<理学療法とは>

 “病気”や“けが”そして“高齢”などによって「身体機能および運動機能が、低下した状態にある または低下の恐れがある」方々を対象として運動機能の維持・改善を目的に治療的体操や運動を中心に行う治療法です。理学療法を行う主な目的は、身体機能や運動機能の回復ですが、日常生活活動の改善を図り、最終的には生活の質の向上を目指します。


<当院での理学療法の主な対象>

・整形外科疾患:関節外科(人工関節や靭帯損傷)、脊椎疾患(手術前後や腰痛体操の指導)など
・救命救急  :多発外傷、心肺停止後症候群、敗血症、人工呼吸管理を伴う呼吸器疾患など
・心大血管疾患:急性心筋梗塞、心不全、胸部および腹部動脈瘤、心臓および大血管の術後など
・脳血管疾患 :脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など
・呼吸器疾患 :慢性閉塞性肺疾患など
・集中治療  :大手術の術後、体外式膜型人工心肺装着例、人工呼吸器装着例など
・がん疾患  :外科術前後および内科的治療を要する患者、血液内科疾患における移植前後など


<理学療法の主な内容>
  1. 離床練習:安全を第一に考えたベッドからの起き上がり、座位や立位、歩行へと進めます。
    急性期の全身状態は、安定しない場合があるため意識・血圧・脈拍・呼吸などの生命徴候を多職種で検討し無理のない離床を行います。とくに、人工呼吸器を装着している場合は、当院独自の基準に則り、離床の開始・継続・中止を綿密に評価し行っています。
  2. 関節可動域練習:入院中は身体を動かす機会が減少するため関節が硬くなり(関節拘縮)、回復後の日常生活に影響を及ぼすことが予測されるため、予防的介入を行っております。また、整形外科疾患では術後の痛みにより手術した関節を動かすことが難しいため主治医や看護師と相談し、鎮痛薬の使用を考慮しながら行います。
  3. 筋力強化練習:関節拘縮と同様に入院に伴い、身体を動かすことが減少するため筋力の低下が予測されます。筋力強化練習は、動かすことが可能な手足のみならず、座位練習を中心として体幹の筋力維持および強化も併せて行っています。
  4. 呼吸理学療法:心臓や消化器系の手術後は、手術の影響により呼吸機能が低下し肺炎を起こす可能性があります。当院では、手術後早期に介入し離床や徒手的な呼吸介助手技を行い肺炎予防に努めています。可能であれば、手術前の外来受診時から行うこともあります。また、慢性閉塞性肺疾患などでは、酸素療法などを加えることにより、息切れや運動の持続時間が延長することが明らかとなっており、運動耐容能や生活の質を改善する目的で実施しています。
  5. 心臓リハビリテーション:運動療法は、心臓リハビリテーションの中心的な役割を担っており、心疾患の危険因子とされている高血圧や高脂血症、糖尿病などの危険因子を是正します。さらに、総合的な効果により冠動脈イベントや心不全の増悪による入院を減少し、生命予後を改善することも明らかとなっており、これらのことを目標に理学療法を実施しています。同様に心臓手術後は、集中治療室から心臓外科医・看護師とその日の目標を検討し、多職種で理学療法を実施しています。
  6. 退院時指導:自宅に退院される方を対象に、必要に応じご家族を含めご自宅での生活に沿った個別の退院時指導を実施しています。