薬局

 薬局では、医師及び看護師など他の医療スタッフと連携をとりながら、医薬品を介して患者様の治療のお役に立つよう努めています。
薬局の薬剤師といって真っ先にイメージするのは、病院薬局の奥の方で薬を作っている姿や、お薬お渡し窓口で薬を渡している姿だと思います。確かに調剤業務は重要であり、中心業務の一つです。しかし、近年の様々な医療情勢の変化に伴い、業務も多様化してまいりました。
以下に、当薬局が行っている主な薬局業務についてご紹介します。


  1. 調剤業務
  2. 調剤室では、外来(平成18年6月より院外処方完全実施)および入院患者様の薬を調剤しています。医薬品の適正使用を図るために調剤支援システムを利用して、医師から処方された薬の飲み方や量、飲み合わせ(相互作用)や重複投与などのチェックを実施し正確に調剤をしています。当院では処方オ-ダリングシステムを導入して調剤を行っており、業務の効率化につながっています。
    また、院外の調剤薬局の疑義照会に対する対応を含め、院外薬局との連携を強めて患者様の入院・退院後の継続した薬物治療に協力しています。

  3. 薬品管理業務
  4. 病院全体で使用されている医薬品は多品目にわたります。必要時に院内に医薬品が在庫されてないと、患者様の治療に大きく影響が出ることになります。  薬品管理室では、コンピュータにより医薬品の適正な在庫管理を行い、適切な条件で保存管理し、品質に優れた安全な医薬品を提供しています。さらに、緊急災害時においても医薬品の迅速な供給が可能なように努めています。  なお、当薬局では注射オ-ダリングシステムを導入しており、注射薬の供給において入院患者様に使用される注射薬を、注射処方せんに従って各患者様毎に取り揃え、カートにセットして病棟に供給する業務も行っています。

  5. 注射薬の混合調製業務
  6. 患者様の体の中に入る注射・点滴薬は衛生的に調製される必要があります。抗がん剤治療に使われる注射点滴薬、また食事がとれない患者様の栄養剤となる高カロリー輸液の混合調製を行っています。従来、看護師が行っていた業務ですが、薬局では専用の無菌室、安全キャビネットが設置されており、外来および入院患者様に使われる注射薬の調製を一括して担当しております。

  7. 入院患者様への服薬指導業務
  8. 入院中の患者様には、薬剤師が服薬指導・薬歴管理を行いチーム医療の一員として適切な薬物療法の提供に努めています。具体的には薬剤師が直接ベッドサイドに出向き、薬についての説明をしたり,質問にお答えしたりしています。他の医療スタッフと連係し、患者様が安心して薬を服用できるよう心がけており、また検査データなどを参考に、もし副作用があれば早期に発見しその対応に努めています。

  9. 製剤業務
  10. 医師が診療を行う上で、必要とする医薬品が全て市販されているとは限りません。需要が少ないものは製薬会社では製造しておらず、そういった場合医師のニーズに応え薬剤師が病院内で製剤を行い供給しています。これを院内特殊製剤といいますが、設備や機器はもとより、薬剤師独自の技術や手法が必要とされ、患者様の治療に影ながら貢献しております。

  11. 医薬品情報業務
  12. ひとつの医薬品をとっても、そこには大変多くの情報(用量、飲み方、副作用など)が含まれています。医薬品情報室ではそれら医薬品に関する情報を収集・評価・整理し、多くの医師や看護師、他の医療スタッフに提供しています。また、患者様からお薬のことについて質問を受けた場合に適切にお答えするためにも、これらの情報業務が非常に重要となっています。  「医薬品集」の定期的な発刊、「DIニュース」の発行、緊急の場合は院内メールを利用して情報を提供しています。また、当院の新規採用薬品および使用中止薬品の情報も、院外の調剤薬局へ迅速に提供しており、患者様にご迷惑がかからないよう努めています。

    薬事委員会への医薬品宣伝申請
     PR申請書

  13. 後発医薬品に対する市立函館病院の対応について
  14. 平成20年4月の保険改正により後発医薬品の利用促進が国として進められております。当院においても患者様の安全を十分に考慮して、責任をもって推奨できる後発医薬品に徐々に切替えを行ってまいりました。今後も切替えを進めてまいりますが、患者様の早期実施の希望もございますので、平成20年7月8日より原則「後発医薬品への変更可」の院外処方せんを発行いたしております。
    患者様が変更を希望される場合は、調剤薬局にてご相談下さい。また、後発医薬品への変更があった場合は、調剤薬局にて「お薬手帳」へ変更された医薬品名を記載して貰って、次回来院の折には「お薬手帳」を処方医に提示して変更情報をお知らせください。
    なお、先発医薬品と後発医薬品の適応症が一部異なる場合や処方医が患者様にとって変更しない方が良いと判断した医薬品に関しては、「変更不可」となりますので、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

    当院採用後発医薬品(内服薬)

    当院採用後発医薬品(注射薬)

    当院採用後発医薬品(外用薬)