医療安全管理室

 病院の医療安全管理および感染管理の推進を図るために設置された部門で、情報の把握および分析、迅速な問題解決に向けて現場をサポートし、医療の安全確保に取り組みます。
 地域施設や行政との連携・相談窓口となり、地域活動にも寄与しています。また、院内各関係部署との連携および連絡調整を行い、それぞれの活動に反映させています。医療安全管理には診療部門、薬剤部門、看護部門、検査部門、放射線部門、事務部門から構成される専任の職員を医療安全に関する分析担当者として設置しています。また、感染管理には専従の感染管理認定看護師(以下CNIC)、薬剤師、専任の医師、CNIC、薬剤師、臨床検査技師のほか、院長が必要と認める職員で構成される感染対策チームおよび抗菌薬適正使用支援チームを設置しています。


1.組織図



2.医療安全

(1) 分析担当者

 院内の医療に関する事故防止および医療の安全推進をはかるため、医療安全管理室内に設置され、組織横断的に活動しています。医療安全管理者を中心に医療安全確保のための業務改善計画書を作成し、それに基づく医療安全対策の実施状況および評価を行っています。また、分析担当者は医療安全に係る取組みの評価等を行うカンファレンスを週1回開催しています。


(2) 医療安全対策
1) 医療事故等報告書の公表基準について

① 目的

 市立函館病院は,院内において発生し、報告された医療事故等について,住民に情報提供を行うことにより,医療の透明性を高めると共に,住民から信頼され安心して医療を受けられる環境作りと安全管理体制の向上を図ることを目的として,医療事故等の公表基準を定める。

② 用語の定義

医療事故
医療の全過程において発生した望ましくない事象で、以下の場合を含む。
 なお、医療従事者の過誤,過失の有無は問わず、不可抗力と思われる事象も含む。
 ア.患者に症状の悪化等の身体的被害および苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合
 イ. 患者のみでなく、医療従事者に被害が生じた場合

③ 医療事故等のレベル基準

レベル 0 実施される前に気づいた場合
(エラーや医薬品・医療用具の不具合が見られたが,実施されなかった)

レベル 1 間違ったことが実施されたが,患者への実害はない場合
(何らかの影響を与えた可能性は否定できない)

レベル 2 観察の強化,バイタルサインの軽度変化,
安全確認のための検査の必要性が生じた場合

レベル 3a 簡単な処置や治療を要した場合
(消毒,湿布,皮膚の縫合,鎮痛剤の投与,カテーテルの自己抜去など)

レベル 3b 濃厚な処置や治療を要した場合
(バイタルサインの高度変化,人工呼吸器の装着,手術に至った,入院日数の延長等)

レベル 4 障害が残った場合

レベル 5 死亡(原疾患の自然経過によるものを除く)

④ 公表の内容

 市立函館病院の医療安全に関する委員会(以下,「委員会」という。)における審議結果を踏まえ,医療事故等はレベル別件数及び内容別件数を一括して公表する。

⑤ 公表の時期

 当該年度1年分を一括して,原則,翌年度の6月に公表する。

⑥ その他

この基準の運用においての必要な事項は別に委員会で定める。

附則  この基準は,平成22年12月1日から適用する。


2) 一括公表
平成29年
 
平成28年
 
平成27年
 
平成26年
 
平成25年
 
平成24年
 
平成23年
 
平成22年
 
平成21年
 


3.感染管理
(1) 感染対策チーム Infection Control Team(以下、ICT)

 医療関連感染防止における諸対策の実践と推進を行っています。院長の直接的管理下にあり、感染制御医師(以下ICD)、CNICが中心となる少人数で実働性の高い専門家チームです。医療安全管理室内に設置され、院長が一定の権限を委譲し、全ての職員に対して組織横断的に活動しています。全ての感染管理プログラム活動を推進するために、迅速的確な情報伝達と決断力を持ち、感染の早期発見と感染経路遮断などの活動を展開するため、ICT会議を週1回開催しています。


(2) 抗菌薬適正使用支援チーム Antimicrobial Stewardship Team(以下、AST)

 感染症治療の早期モニタリングとフィードバック、微生物検査・臨床検査の利用適正化、抗菌薬使用に係る評価、抗菌薬適正使用の教育、啓発の実践と推進を行っています。院長の直接的管理下にあり、ICD、薬剤師が中心となる専門家チームです。医療安全管理室内に設置され、院長が一定の権限を委譲し、ICTと協同して組織横断的に活動するため、AST会議を週1回開催しています。