呼吸器内科

 呼吸器内科はその中で呼吸器のみの疾患、肺の病気を専門に診療する内科で、肺癌および肺結核を含む呼吸器感染症を中心に、気管支喘息、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患、各種呼吸器内科疾患全般を対象に診療を行っています。
肺癌を中心として各種呼吸器疾患の発見から診断・治療まで幅広く行っており、特に胸部X写真、CTなどの放射線診断を中心とした画像診断に力を注いでいます。結核も減少したとはいえ、いまだに代表的に呼吸器感染症の一つですが、様々な合併症(免疫異常、血液疾患、血液透析など)にも対応可能な体制になっています。また、慢性呼吸不全の患者様に対する在宅酸素・人工呼吸療法も施行しています。