リハビリテーション科

  1. 急性期の二次的障害を予防
  2. 急性期に余儀なくされる安静臥床は、時間と共に様々な二次的障害を生み出します。特に、急性期に合併する肺炎は離床を遅らせるだけでなく、現疾患治療の大きな阻害因子となります。リハビリテーション科では、二次的障害の進行を予防し、早期離床を可能にするため、アプローチします。

  3. 急性期から、退院後を見据えたリハビリ目標の設定
  4. 救急搬送された患者様は、身体機能、認知面の変化、医療機器など、自宅での日常生活からかけ離れた環境の中で生活することになります。リハビリテーション科では、急性期から、後遺症や、機能回復の予後予測に基づいた目標設定を行い、一日も早く患者様とご家族が本来の生活に戻れるよう、援助します。

  5. 3.摂食嚥下機能評価、治療
  6. 身体のリハビリテーションと共に、医療、介護、福祉の分野では、摂食嚥下のリハビリテーションが注目されています。誤嚥性肺炎の発症頻度を減らし、適切な栄養摂取方法を確立させることで、口から食べる楽しみも継続できるよう、援助します。リハビリテーション科では、嚥下造影、嚥下内視鏡検査など、嚥下機能の詳細な評価から、その患者様、ご家族に適した経口摂取方法を検討します。


対象となる疾患と診療内容

当院リハビリテーション科では、セラピストによる訓練は主に入院患者様のみ行っております。
外来では診察、評価、指導が主体となります。
リハビリテーション科の診療は、起居動作、歩行、生活動作、摂食嚥下、高次脳機能等における生活のなかの不便を対象に行います。生活様式はそれぞれ異なっていますので、ご本人、ご家族からのご要望をお知らせください。ご家族のリハビリ参加も歓迎しています。