放射線治療科

 各種悪性腫瘍に対して根治的放射線治療や緩和療法を行っています。旧来の副作用の多い放射線治療とは全く異なり、完全なコンピュータ制御による最新のリニアックを用いているため、非常に高い精度で腫瘍に放射線を集中し最低限の副作用でがんを治療することが可能であり、多くの悪性腫瘍で手術療法と同等の優れた治療が行われています。当院では特に強度変調放射線治療Intensity modulated radiation therapy (IMRT)に力を入れております。 2014年からは最新機器に更新し、IMRTよりもさらに高度な治療法である回転型強度変調放射線治療Volumetric Modulated Arc Therapy (VMAT)および画像誘導放射線治療Image Guided Radiation Therapy (IGRT)を導入しています。

  1. 良性・悪性脳腫瘍の定位放射線照射により、ガンマナイフと同等の効果が得られます。
  2. 呼吸同期システムを用いた原発性・転移性肺腫瘍・肝腫瘍の定位放射線照射により、短期間でピンポイント照射が通院で可能です。
  3. 強度変調放射線治療Intensity modulated radiation therapy (IMRT)により、前立腺癌・頭頸部癌・脳腫瘍・その他全ての悪性腫瘍に対して、腫瘍に限りなく高線量を集中しつつ、周囲正常組織への不要な照射を最小限にすることが可能です。
  4. 回転型強度変調放射線治療Volumetric Modulated Arc Therapy (VMAT)により、IMRTを高速化させ、患者負担をより軽減した世界最先端技術を用いた治療が可能です。
  5. 画像誘導放射線治療Image Guided Radiation Therapy (IGRT)により、画像を用いた患者位置照合を行い、正確に病巣に放射線を集中し、かつ正常組織への照射を抑制可能です。
  6. 腔内照射 Remote after loading system (RALS)により、子宮頸癌を手術せずに標準治療とされる放射線化学療法で治療が可能です。
  7. 全身照射により、血液悪性腫瘍の骨髄移植の前処置を行えます。

放射線治療について、さらに詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。



放射線治療全症例数および特殊または高精度放射線治療症例数

手術の術式と疾患の内訳

*2013年9月より2014年3月まで機器更新のため、治療休止期間