婦人科

 当科では「婦人科良性・悪性腫瘍の診断・治療」および「最新の4Dエコー診断装置を用いた産科診療」の2つを中心とした診療を行っています。現在の当科での診療の特徴は以下の通りです。

  1.  悪性疾患(子宮がん、卵巣がんなど)に対する治療ガイドラインに基づく標準的診療の提供 (傍大動脈領域のリンパ節摘出等を含めた拡大的根治手術、種々の保険適用となっている抗がん剤の投与、婦人科悪性疾患に対する放射線治療としてリニアックやRALS治療等)
  2.  悪性疾患に対する腹腔鏡下手術(子宮頸癌では先進医療での神経温存広汎子宮全摘術、子宮体がんでは保険診療での根治手術、非保険診療でも手術適応あれば自費診療での傍大動脈領域のリンパ節摘出等は対応可能)
  3.  標準的診療の内容を超えた先進的診断・治療の提供(子宮癌に対するセンチネルリンパ節生検の機会提供、ウルトラステージング法に基づく化学療法の選択機会提供、術後リンパ浮腫に対するICG蛍光カメラを用いた下腿浮腫診断法とリンパ浮腫手術の手術機会の提供、など)
  4.  良性疾患に対する腹腔鏡下手術(子宮筋腫・腺筋症や卵巣・卵管腫瘍、子宮内膜症など)および開腹手術・腟式手術
  5.  婦人科がん検診(子宮がん検診、卵巣超音波検査など)
  6.  産科診療ガイドラインに基づいた産科診療・分娩対応(産科診療はこちら)

 不正出血、月経不順、更年期症状など一般的な良性婦人科疾患に対する診療も行っています。一部の不妊治療など当科での診療内容を超える場合は連携・協力病院をご紹介させていただくことが可能です。また、標準的治療法が定まっていない稀少な疾患についての診断・治療についても当科で治療を行うことが可能ですが、当科以外で治療をご希望される方は特段のご希望がない場合札幌医科大学産婦人科をご紹介させていただきます。初診時、他医での紹介状をお持ちの方は受付で紹介状をご提出ください。紹介状をお持ちでない方は、入り口問診コーナーで問診後、産婦人科の症状と判断された場合産婦人科受付となます。症状によっては他科に最初に受診していただくこともあります。

  1.  悪性疾患に関する診療の詳細はこちら
  2.  良性疾患に関する診療の詳細はこちら