1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 33 11.30 59.48
重症度 1 45 16.60 75.67
重症度 2 44 17.70 79.82
重症度 3 25 19.60 83.04
重症度 4 5 21.60 84.00
重症度 5 0 0.00 0.00
不明 6 1.00 90.67
 この指標で言う成人市中肺炎とは,よく「風邪をこじらせて肺炎になった」という時の肺炎を指すもので,誤嚥性肺炎やウイルス性肺炎は含まず,細菌感染のものを集計しています。
重症度と平均在院日数,平均年齢を見ると重症化するほど在院日数は長くなり,平均年齢も高くなっているのが解ります。
 加齢とともに呼吸器系統は弱くなってくるため,直接的な死因となる場合も多くありますので,注意を要する疾患と思われます。