臓器提供意思表示カード

当院は、「臓器移植法の運用に基づく臓器提供施設」です。入院の時には看護師が臓器提供意思表示カードをお持ちかどうかお尋ねしますので、ご回答願います。


セカンドオピニオン

主治医による診断・治療のほかに、他の医師の意見も聞き、納得して治療を受けることを希望される場合には、主治医または看護師へご相談ください。


疾病に対する不安などの相談

病気や治療について不安が強く、ストレスへの対応が困難な場合には、医療ソーシャルワーカーが相談をお受けします。また、必要に応じて精神神経科を受診することができます。詳しくは担当の医師・看護師にお尋ねください。


診療情報の提供(カルテ開示)

患者さんやご家族の方が、診療内容を知りたいと希望された場合には、支障のない限り応じております。「開示申出書」が必要ですので、看護師にお尋ねください。


臨床研修病院

当院は国が指定する臨床研修病院です。医師免許取得後2年目までの医師(研修医)の教育を担当しております。研修は国の定めた到達目標に準拠して指導医のもとでの診 療行為を通して実施されます。皆様のご理解とご支援をお願いします。


救急救命士の気管内挿管

救急救命士が救急現場で気道を確保し救命効果を向上させるために、指定された医療機関での実習が義務づけられております。実習は必ず患者さんの同意を得て行います。 ただし、同意していただかなくても患者さんが不利益を受けることはありません。


看護学生の臨床現場研修

当院では、将来の看護師養成を目的として、看護学生を対象に臨床現場研修の受入を行っております。研修は、カリキュラムに沿って、担当看護師の指導のもとで行ってお ります。皆様のご理解とご支援をお願いします。


「みなさんの声」投書とその掲示

病院に対する皆様のご意見・ご希望を運営に生かすための投書箱を設置しております。その内容と回答は、プライバシーに支障のない限り所定の場所に掲示します。


緩和ケアチーム・スキンケアチーム・口腔ケアチーム・栄養サポートチーム・摂食嚥下チームの活動

患者さんの安心・安楽を確保し、また治療の効果をあげて一日も早く退院・社会復帰していただくため、院内に種々の治療支援チームを設置して活動しております。


入院診療計画(クリティカルパス)について

当院では、一定の疾患の患者さんに対し、入院から退院までの経過や検査の予定などをまとめた計画表をお渡しし、その計画表に基づいて診療をしておりますのでご協力の 程お願い申し上げます。ただし、患者さんの症状などにより、入院期間や内容の変更が生じる場合があります。


地域がん診療連携拠点病院

当院は、国が指定する地域がん診療連携拠点病院です。

当該拠点病院は、国の医療計画におけるがん対策に基づき、2次医療圏に1カ所程度、専門的ながん医療を行う医療機関として指定されるものです。

拠点病院としての業務のひとつとして、がん患者さんやご家族からのご相談に対応する「がん相談支援センター」を2階医療連携課内に設けておりますので、お気軽にご相談ください。相談料は無料で、院外の方も利用可能です。


院内がん登録

当院では、医療情報を有効利用して、患者の診療支援、医療施設におけるがん治療・看護・ケアサービスの評価やそれに基づく質の向上のための基礎資料を作成し、根拠に基づく医療を実現するために院内がん登録を行っています。登録データは健康増進法に基づく地域がん登録事業による国または地方公共団体へ情報提供を行っています。


臨床倫理に関する方針

がん告知、リビングウィル(尊厳死)、移植のための臓器提供、遺伝子診断、致死的状態における蘇生の拒否、宗教上医療行為の一部制限など臨床倫理に関わる事項は、患者さんのご意思を尊重することを基本的方針としております。

希望される場合は、主治医にお申し出ください。また、場合によっては当院倫理委員会で審議いたします。


剖検のお願い

現在の医療の総力をあげて治療をしても救命できなかった場合には、ご遺族の方に病理解剖をお願いすることがあります。これは、医療水準の向上をはかるうえで欠くことのできない当院の使命です。同意をお願いした場合には、ご協力の程お願い申し上げます。また、同意していただかなくても患者さんが不利益を受けることはありません。