受診されている皆さん,これから受診する皆さんへ

近年,ニュースや新聞などでよく2025年問題が伝えられています。これは,いわゆる団塊の世代の方々が75歳以上となることで,人口の4人に1人が75歳以上という超高齢者社会を迎え,それに伴い医療・介護・福祉サービス等を利用する方が多くなる,とされている問題です。

国はこれへの対策として,医療・介護の機能分化と役割分担を行い,地域完結型の体制を構築することを求めています。各医療機関は,自施設の規模や医療設備,地域の医療環境などを総合的に判断し,自院が提供する診療内容を決定することになります。

当院は,このことを踏まえ、重症な救急患者さんや癌患者さん,専門的な治療を要する患者さんを対象とした急性期医療を中心に提供してまいります。

病態が急性期を脱し,慢性・安定期となった場合には,ご自宅近くのクリニック(診療所)等を紹介させていただきますので,ご理解,ご協力の程,よろしくお願い申し上げます。

平成26年11月20日

市立函館病院 病院長